ゆるめて、もっと自分らしくなるサロン『こむ・ちゃっと』

子供の良い姿勢の作り方


  • からだ美調律

子供の良い姿勢の作り方

体をゆるめることで、疲れを取るだけでなく
疲れにくい、毎日をもっと楽にパワフルに過ごす人を増やしたい!
体と心の定点観測のためのサロン
『こむ・ちゃっと』のみらいこです(^○^)

先日、息子(6歳)が初めてとある教室に参加したのですが
そこの先生から褒められることがありました。

それは「息子の姿勢」です^^

その教室では1時間ほど、座って授業を受けるスタンスとのこと。

年長さんくらいだと、なかなか姿勢良く座り続けることができず、
グネグネしたり、横になったりするけれど、最後まで、良い姿勢のままですごいな〜と。

というお話でした。

「何かおうちでされているんですか?」

と聞かれ、してるっちゃ、しているけど、と一瞬返答に困りました。

と、いうのもまずは「1時間座りづつける」って
その子の性質によって、向き不向きがある気がするからです。

我が子は小さい頃から、どちらかというと、定住タイプ。
安心できるところに腰を据えるタイプw
遊びも、砂場とかブロック、本、電車のおもちゃといったものに、集中するのが好き。
少なくとも初めてのお教室で、右も左も分からないとなると、余計なところに行く勇気がない。
言われたところにじっとしている、ビビリ…もとい慎重派です。
これが要素なら、それは私がしたものではなく、そもそも本人の資質。

そして、良い姿勢と言われると、気になることが3つあります。

1つ目は「良い姿勢」って何を指しているのだろうか。
2つ目は、子供の座るものが、座りやすいものなのか。
3つ目は、子供の体自体が、楽に座りやすい状態になっているのか。

よく「ピンっ!と良い姿勢」と子供に言う声かけが、私は嫌でw

うちの息子はそう言われると、言葉そのまま肩に力を入れて背筋を伸ばします。
良い姿勢と褒められるから、頑張ってその姿勢をしようとするのが、我が息子なので、
本当に、やめて〜と思う。
力で頑張るって、続かないし、良い動きなんてできない。

そして、大人が座る椅子もそうですが、椅子って意外と難しい。
人間って無意識に、椅子に合わせて自分の体を変えます。
座りにくいと、足組んだり、爪先立てたり。
子供は素直だから、座りにくいと、座りたくない、で動いたりする可能性もあるよな。

私が息子にやっているといえるのは、3つ目。
子供の体自体を、楽に立ったり座ったり、と動けるように
かなりゆるーくですが、子供に「からだ美調律」のメソッドを教えています。

私と夫の子供なので、骨格的に「頑張る」体の息子。
なので、からだ美調律メソッドの「ゆるめる」ことを早く感じて欲しかったのですが、正直、年少の時は難しかったです。
ですが、ようやく最近になって「ゆるめる」心地よさがわかってきた模様。
嫌がらず、でもまだ、時々ですが、やってくれるようになりました。

今回は、その結果が少し出たのかな。
確かに、少し前までは、すぐに背もたれに寄りかかりたい!と言ってきましたが、
最近はそれも減ってきました。

正直、息子の姿勢や体の使い方については、まだまだ不満というか、
問題を感じている部分はあるのですが、これだけは言えます。

「頑張らせるは、続かない。
 気持ち良い、楽しいは続く」

根本をゆるめて、使いやすくすれば、勝手に姿勢は良くなる。
特に子供は、素直で、羨ましいことにすぐ反応が出るんですよね。

気持ちを新たに、息子が自分で率先して、自分の体をゆるめる時間を
作る環境を整えなくてはな〜、と心新たに思う私でしたw。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

7月も変則的ですが、営業しています。
保育の関係で、当日予約が取りにくいかもしれませんが、お気軽にLINEよりお問い合わせください。

こむ・ちゃっとのコロナ対策についてはこちら

詳しい情報は、HPやlineで随時ご連絡いたします。

また、ご質問などはlineでも承っていますので、お気軽にどうぞ!

line登録はこちら

友だち追加

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

◎からだ美調律®とは
体の根本をゆるめて、整え、体の支える力を使えるようにし、全身を調律するメソッドです。

体が最も楽に、効率よく動かせる本来の状態に整えることで、体のめぐりもよくなり、体に入っていた余計な力も抜けるので、ゆるめて整えれば整えるほど、疲れにくい、軽やかでしなやかな体になることが期待できます。
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※




Pagetop